キッズアースコラム 2010/01 新年、明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます

 早いもので、開校から3回目の新年を迎えることとなりました。この3年間、振り返れば平穏に過ぎたようで「キッズラボ」から「キッズアース」への変更、青葉台教室の開校等々・・・。実は急速に様々な変化がありました。大変厳しいと感じる時期もありましたが、何とかそれらを乗り越えられたのも一重にキッズアースを信頼し支えて下さる保護者の皆様と、そして何よりも精神力の源となるものは子どもたちの元気で楽しそうな姿です。
 11月中旬から12月中旬の約1カ月をかけて多くの保護者の方々とお話をする中で、子どもたちの教育について様々な意見をいただきました。もちろんその考え方にはご家庭により、またご家庭の中でも若干の意見の相違があるようです。しかしながら、子どもたちと真剣に向き合う中においては、むしろその方が当たり前ではないかと思いました。また、せっかくの機会なので私たちの考え方についても出来る限りお話させていただいたつもりです。
 お話をしていくうちに、ついつい過去に関わった生徒たちのことを思い出して勝手に熱くなる場面もあり、もしかするとお見苦しい場面もあったとすればこの場をお借りしてお詫びします。低学年のころはすぐに泣いてしまっていた子が3年生、4年生になり少しだけ反抗期を迎えて、指導者として厳しく接することが必要な場面もこの時期になってくると出てくる場面も多くなってきます。
 実をいえばかつて中学受験クラスを担当していた時代には、まるで軍隊のようにクラスを統率し、やる気のない生徒はもちろん成績が上がらない生徒までも厳しく叱りつけ、どちらかといえば「管理」をするというスタイルで指導を行っておりました。ただし、本音のところはあまりそういった指導スタイルは当時からあまり好きではありませんでした。
 まだまだ自立をしていない小学生の段階ではある程度の管理というものは必要であるとは思います。ですが、誰かに言われるからではなく、出来るだけ子どもたちが自分自身の心で「言って良いこと、悪いこと」「するべき行動やすべきではない行動」に気がついて、そして感じて欲しいと思っています。振り返れば私自身がそうであったように、自分自身の心で気がつかないとそこには決して自立という成長がないのではないかという考えが実体験にもとづいてあるからです。そして、その気づきの場面をいかに多くつくれるかということが私たち講師の大切な役割のひとつだと思っています。この面談の中で教育という仕事にとって一番必要なことは、「真の優しさ」と「我慢強さ」であることを深く感じ、そしてまたひとつこの場に集う子どもたちのことが好きになれたとても有意義な約1カ月間でした。是非ともまたこのような機会をいただきたいと思います。お忙しい中、足を運んでいただきまして本当にありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。


平成22年元旦 キッズアース  小泉 力


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM