キッズアースコラム 2010/02 新年度に思うこと

新年度に思うこと


キッズアースでは学校よりも一足早く、今月から新しい学年を迎えます。
 一つの節目ということもあって、この時期になると、今一度私たちがすべきことを素直な気持ちで整理し直すことにしています。
 自然科学とは生きていくための学問であり、実生活の中で科学的思考というものは必ず必要とされてくるものです。知識や理論を学ぶことはとても大切なことであるし、それを学ぶ楽しさを否定するものではありませんが、単にそれらを学ぶだけでは決して本来の科学的思考というものが生まれるはずもありません。子どもたちがこの先社会に出ていけば、答えが明確にあるものよりも、むしろ答えがなかったり、あるいは一つとは限らないものが圧倒的に多くなってきます。また、現在のように情報量も多く、なおかつ簡単に手に入れることが出来るようになると、知識や理論を身につけることは容易になったかもしれませんが、人とのコミュニケーションの中で様々なことを学び、そして伝えていくという能力を養うことが困難になっているように思います。そのような社会の中だからこそ、人との関わりの中でまずはそれらを尊重し、そして自分自身の考え方を持ち、なおかつそれを活用出来る力をつけることがとても重要になってきます。だからこそ、この時期の教育の与える影響はとても大きなものです。今後の将来を本当に背負って立てる人材を育てるうえで、今私たちがすべきことは、まずは実験の楽しさや、実際に体験した中で新たな発見をした時の喜びを見いだせるような教育環境を整えていくことだと思っています。
 子どもたちと同時に私たち講師自身も成長していかなければなりません。
 キッズアースのスタッフ全員がそういった意識のもと、今年度もより一層、子どもたちとの絆をより深めていくことを目標に頑張っていきたいと思います。 

キッズアース 小泉力


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM