キッズアースコラム 2010/12 子どもたちとの繋がり

 早いもので、今年も残りわずかとなりました。毎年のことですが、現在は来年度に向けて、保護者の方々と個別面談を実施しています。お陰さまで、現在は生徒数も数年前に開校した時の6倍近くになり、当初よりは、普段、中々じっくりとお話を伺う時間がなくなってきたように感じていますので、この機会にしっかりと子どもたちのことについてお話ができればと思っています。毎年この時期の面談は、来年度も引き続き通っていただけるだろうか?などと、正直、多少の不安はあります。しかしながら、子どもたちの話を保護者の方々と時間をとって話をすることはそれ以上に大きな楽しみになっています。

 私たちはどちらかというと、精神的なつながりを大切にしながら子どもたちと接することにウエイトを置いているつもりです。

 賛否両論はあると思いますが、名前を呼ぶ時にファーストネームで呼び捨てにするのは出来る限り親近感を持ち、その子に近づくためであったり、基本的には褒めるということを大切にはしていますが、時には本気で叱るということも躊躇なく行っています。もちろん、いつも上手く行くわけではなく、残念ながらコミュンーケーションの不足から子どもたちを傷つけてしまうこともあります。ですが、そういったものを全て越えて、子どもたち一人ひとりと向き合っていきたいと本気で考えています。生徒数がいくら増えてもこの思いは決して変わるものではありません。

今年もまた様々な方々との出会いがありました。
出会ったすべての方々に心からの感謝の気持ちを込めて・・・
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。
                                        キッズアース 小泉力


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM