キッズアースコラム2011/02 新年度

キッズアースでは学校よりも一足早く、今年もまた、2月より新年度を迎えます。

この時期は1年の中で一番、時の流れの早さを感じさせられるシーズンでもあります。

開講より5年目を迎え、当時は低学年だった子どもたちが、いよいよ高学年を迎えるにあたって、ふと、当時の写真等を見て振り返ってみると、外見だけではなく本当に精神的にも学習姿勢の上でも成長したものだなと、多少なりとも感動を覚えることがしばしばあります。

とても幸せなことにキッズアースでは、入校してくれてから卒業の年度まで、そのままずっと通い続けてくれている子がほとんどです。しかも低学年から通ってくれる生徒がたくさんいますので、先生たちは子どもたちが成長していく過程としっかりと付き合っていくことができます。そうしたことで、一人ひとりの個性をしっかりと把握し、また、それをより良い方向に伸ばしていくことができると思っています。私たちのような理科実験という学習形態の教室では、先生が一方的に授業を進めていくということはありませんし、子どもたちが単独で学習を進めていくということも出来ません。生徒自らが学習に参加し、先生とあるいは生徒同志のチームワークがなければ授業が成り立ちません。

子どもたちのコミュニケーション能力についても様々な問題が指摘されている昨今です。

確かに我々の子どもだった時代に比べれば、他人との関係なしに様々なことが解決出来る世の中にはなりました。だからこそ、しっかりとしたコミュニケーション能力を身につけることが求められる時代になってきたのかもしれません。

しかしながら、今も昔も子どものときのそういった資質が大きく違っているとは思えません。子どもたち一人ひとり、皆、コミュニケーションの取り方は多種多様であると思います。私たちの教室では少しでも多くの個性を引き出し、そしてしっかりと受け止めていくことで、スキルとしてのコミュニケーション能力よりは、人として本当に必要とされるコミュニケーションの力を育てていきたいと思っています。

               

                             キッズアース

                                 小泉 力


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM