成長する姿

  今年の夏も毎日のように猛暑が続き、体調を崩された方も多いのではないでしょうか。

夏休み前の話になりますが、私自身も体調を崩し、記憶のある限りでは生まれてはじめて39度の熱を出して医者に行く羽目になりました。

その日は土曜日で、朝から調子が悪かったのですが、当日代わりの先生もいないので取りあえず薬を飲んで授業を始めました。途中から自分でもどんどん体調が悪化して行くのが分かり、カゼであれば子どもたちうつしてはいけないと注意をしつつ、何とか午前中の授業を勢いで切り抜けました。

昔から多少熱を出しても平気なタチだったのですが、さすがに歳のセイか、あるいは高熱のセイか午後の授業は立っているのがキツイと感じるぐらいになっていました。

土曜日の最後、夕方までの授業は4・5年生のクラスです。このクラスはキッズアース開校以来、1年生からずっと通ってくれている子がほとんどのクラスです。

何とか気合いを入れ直して始業の挨拶をした瞬間に、何人かの子どもたちが「先生、顔が真っ赤だよ」「元気ないなあ」などと言い始めたので、私は「ちょっと熱があってキツイけど、今日最後の授業だから大丈夫だよ」と少し強がって見せました。実験の方法等を板書し終わって少し座っていると、ノートを取り終わった子どもたちが「実験は自分たちで進めるから、先生は休んでいていいよ」と、自ら道具を机に準備して、それぞれに役割分担を決めてテキパキと動き、いつも以上に協力をして進めてくれているように見えました。

1年生の時はノートをとるのもやっと、2年生の時には仲間に順番を譲らず怒られ、そして3年生ぐらいになると少し反抗期を迎えて中々言うことを素直に聞いてくれなかったこともあった皆の姿が妙に思い出されて、その子どもたちが今は体調の悪い自分を助け、そしてしっかりと自身の力で考え、仲間と協力をして授業を進行してくれていることを目の当たりにして、その成長ぶりに深い感銘をうけると同時に、気持ちの上で少し体調が回復したような心地さえ覚えました。

人は本当に苦しい時に恩を受けたことは後々まで強く心に残ります。

皆から助けてもらったこと、そして成長してくれたことに心から感謝をしつつ、そして何よりも、自分自身は今回のことを深く反省をして、今後は自己管理をしっかりとして、彼らの恩に報いるべく、これまで以上にしっかりと授業をしていきたいと思います。

                          キッズアース 小泉 力


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM