キッズアースコラム2012/1明けましておめでとうございます

 新年、明けましておめでとうございます。

今年も新たなる1年がスタートしました。

キッズアースもお陰さまで、早くも開校から5年間が過ぎようとしています。

毎年毎年、同じような年はなく、本当に格闘と試行錯誤の5年間でありました。

節目の年を迎えて、少し自分なりに何のために仕事をするのかを考えてみました。

私も、かつて高校3年生の時に大学進学をするのにあたって、将来自分は何になるべきかを多少考えてみたように思います。あの頃は、確か、小学校の先生になるのもいいなぁと、かなり軽く思いついたような気がします。テレビドラマの青春ものが大好きで、中村雅俊や水谷豊、そして武田鉄也の学園ドラマに片っ端からはまっていたこと、高校生や中学生より小学生のほうが手なずけるのが簡単そうだな・・・という風に、本当に申し訳ないぐらいに軽い理由が発端だったような気がします。しかし、結局は小学校の教員免許も取らず、最初に就職したのは教育とはまったく関係のない職場でした。給料がかなり安かったので、最初は仕方なく、休みの日に自宅で家庭教師まがいのことを始めました。主に中学生が相手だったのですが、これがかなり楽しい。気がつくと5人程の生徒が集まり、なんと給料も本職と同じぐらいになっていました。どうせやるなら楽しい仕事を本職にしようと当時はまだ終身雇用が主流で転職はあまり歓迎されない時代で、在籍していたところも安定した企業ではありましたが、そこに働く上司や先輩の生き方にあまり共感が出来なかったこともあり、20代の後半で教育業界に足を踏み入れることになりました。あれから数十年間、高校生から小学生まで幅広く生徒たちと付き合い、特に目標としたわけではありませんが、とにかく自分なりに懸命に働いているうちに、結局は小学生を専門に教える現在の仕事に落ち着いてしまいました。もちろん、高校時代のように軽々しい気持ちではなく、仕事というものに本当に充実感を感じている毎日です。それは大袈裟な理由ではなく何よりも子どもと一緒に過ごす時が大好きだから・・・というたった一つの理由によるものだということを5年目にして強く感じています。残念ながら私自身には子どもがおりません。だからこそ、キッズアースに通ってくれている様々な個性の子どもたちと接していられる時が本当に楽しくて幸せな時間になっています。もちろん、本当の親を超えられることは絶対にありえませんが、出来る限り親の心に近づいて、子どもたちに接していきたいと思っています。

皆さんとともに成長することを願いながら・・・

今年もよろしくお願いします。

 

                             平成24年   元旦

                                 キッズアース

                                   小泉 力

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM