キッズアースコラム2012/5「全国学力テスト」

昨年は震災の影響で実施を見送られた全国学力テストが2年ぶりに実施されました。
ご存じの方も多いと思いますが、今年は初めて「理科」が実施科目に加えられました。
理科に限らず、全教科ともに「脱ゆとり」を目指した「新学習指導要領」を反映して作成
され、答えを出した過程をしっかりと説明出来る論理的な「思考力」「判断力」を問い、ただ知識があればいいということではなく、「知識を活用する力」があるかどうかを試される内容になっています。たとえば数学というものは一般的には「答えは一つ」という概念がりますが、中学生のテスト問題に、あるスキー選手同士の過去のデータをもとに「次に飛んだらどちらが遠く飛ぶか」ということをデータをもとに考えさせ、「どちらも論理的に説明出来れば正解」というような問題が出題されました。そして理科の問題は身近なものを題材とした「実験」と「観察」について考察させるような問題が主に出題されました。
元来、理科という教科こそが、その特性上、「知識を活用する力」を試すのに最適な科目だと思いますので今回初めて実施されたことには少々「?」なのですが、いずれにせよこの結果についてもしっかりと検証し、「知識を活用する力」をつけるための教育方法を検討し行く必要があるでしょう。
理科が実施された背景には「理科離れ」の実態を把握する目的もあるようです。キッズアースに通っている子どもたちを見るとまったくそんなことは感じられませんが(笑)、本来「実験」「観察」ほど、どんな子どもたちの気持ちをワクワクさせるものはないと思います。私自身もそうでしたが、学校の勉強が嫌いでも実験・観察だけは大好きで食いついてくる子どもたちも多いのではないでしょうか。
幼少期〜小学生の子どもにとって本当の「学力」をつける源は、こういった「意欲」にほかなりません。「意欲」があるからこそ自身で様々なことを調べ、考えていく楽しみを覚え、そしてそれが「知識を活用する力」となっていくのです。
新年度になって新たに入校してくれた「やる気まんまんの仲間たち」も加わりました。
野外活動等、夏に向けてたくさんのワクワクするプログラムを実施していく予定です。出来れば全ての生徒たちと一緒に楽しんで、考えて、そして多少の難しい問題も自分自身の力で乗り切れる力をつけていきたいと思っています。

                             キッズアース
                               小泉 力


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM