キッズアースコラム 2010/10 伝える力

伝える力


 先日、早稲田大学内に設立されたサイエンスメディア・センターが開講した「科学を伝える作法を学ぶ」という講座に3日間にわたって出席してきました。
 このセンターのプロジェクトマネージャーを務める早稲田大学の難波先生とは、キッズアースが開校したばかりの4年前のサイエンスキャンプ(現アースユニット)でお世話になり、そのご縁でお誘いを受け、もちろん生徒として参加させていただきました。
 最近は少しずつ注目され始めているのですが、「サイエンスコミュニーケーション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 要は専門的な科学の話を一般の人に分かりやすく伝えることなのですが、その一つの手法としての「ライティング」を学ぶことが今回の主な目的でした。講師として呼ばれた方は元NHKのディレクターで現在は大学教授としてメディアについての講義をされている方、元毎日新聞の記者で石垣島に住みサイエンスライターとして活躍されている方、また現在、新潮社にて編集の仕事をされている方などで、内容をお話するのがこのコラムの中だけではとても足りないので残念ながら省略しますが、本当に興味深い授業を受けることが出来ました。
 また、難波先生の授業は、実際に私たちが参加して行う演習が中心で、その中の課題の一つとして「ラブレターを書く」というものがありました。書く前に定義として次のようなことが示されました。

ラブレターの定義・・・・伝えたいことは一つ。相手を「好き」というただ一つのメッセージを、手を変え品を変え、読者に効果的に伝える文章である。2次的な目的として、自分がどうしたいのか、3次的に、相手にどういうアクションをとって欲しいのかを伝える。
 提出された課題は最終日に全員の前で添削され、それぞれの問題点を指摘されました。例えば、相手の受け取り方を考えず、一方的に思いを伝えすぎてもダメ。好きだからと言っても相手を細かく観察し過ぎている文章もかえって気味悪がられてダメ。自分の思いを伝えても相手にどうしてほしいのかが伝わらなければそれで終わってしまう。等々・・・ 。なぜラブレターなのか、というと「相手に気持ち(考え方)を伝え、理解してもらい、相手に対して具体的な行動を促す」ための文章を書く上で核になるカタチだということでした。他にも身近な視点から様々な興味深い授業が展開されたのですが、講座全体を通して教えられたことは、「書く」という行為は「思考とコミュニケーションの基礎技術だ」ということでした。
 キッズアースの授業でも記述ということを重要なポイントとして上げています。今後はもっともっと幅広く、深く考えながら、様々な場面で様々な手法を実践し→検証し、学習の根幹が形成される幼児から小学生に対する、より効果的な学習方法を創りだしていきたいと考えています。

                                                                              キッズアース 小泉力


キッズアースコラム 2010/09 チームワークの力

チームワークの力

 今年の夏は大変な猛暑でしたが、相変わらず元気な姿で夏の実験クラスや野外活動に参加してくれた子どもたちに、私たちも大変なパワーをもらいました。
 夏休みの「アースユニットinつくば」では僅かな時間ではありますが「つくば宇宙センター」に寄ることが出来ました。担当の方からお話を伺うと、宇宙飛行士というものは「頭脳」「体力(健康)」そして「人格」の全てがバランスよく備わっているスーパーマンみたいな人間、というイメージを持ちました。しかしながらそんな宇宙飛行士である、皆さんご存じの山崎直子さんは、ある新聞取材の中で「宇宙飛行士の仕事はすべてがチームプレー」であると言われています。宇宙飛行士の任務の中では一人だけで仕事を行う場面は実はほとんどなく、また、任務ごとにリーダーも常に入れ替わっていくそうです。スペースシャトルに乗る7人のメンバーはコマンダー(指揮官)の下でそれぞれのクルーが場面ごとにリーダーになり、任務を遂行し、すべてのメンバーがときにはリーダー、ときにはそれをサポートする立場となって一つ一つの作業を終わらせていくようです。どんなに個人の能力が高くても、各人がばらばらに力を出してもミッションは成功せず、命を落とすことにつながる危険性も生まれてくるとも言われています。すべてのメンバーがそのチームにおける役割をしっかりと認識することがチームとして一番大切なことで、個人で優れたプレーをするというよりも、チーム全体でミッションを成功に導く。それが宇宙飛行士の仕事なのだそうです。

 宇宙センターでは、子どもたちに少しだけ宇宙飛行士訓練体験をしてもらいました。今回はこれがメインテーマではないので僅かな時間ではありましたが予想以上に盛り上がって、みんな本当に楽しそうでした。また次の機会に、こういったプログラムをメインとして自然科学を学び、楽しみながら「チームワーク」について考える場をつくり、目先だけではなく将来の大きな力を子どもたちにも身につけさていきたいと思っています。

 そして、まだまだ先生の数も少なく小さなキッズアースですが、私たち自身も今後はそんなチームを目指していくつもりです。

                                    キッズアース 小泉力


1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< September 2010 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM